診療案内

歯周病

periodontal

歯や口腔の健康を保つことは、単に食物を摂取・咀嚼するだけではなく、食事や会話を楽しむ、良い見た目を保つなど豊かな生活を送るための基礎となります。虫歯とともに歯科の2大疾患とされる歯周病は、症状が進行することで歯の喪失が生じると、口腔の機能障害を引き起こし口腔の健康のみならず全身の健康にも悪影響を及ぼします。

歯周病は「全世界で最も蔓延している病気は歯周病である」「歯周病は人類史上最も感染者の多い感染症である」と2001年にギネス世界記録に認定されています。日本人の成人の約8割が歯周病に罹患しているといわれています。歯周病の罹患率は年齢とともに上昇します。

歯周病の原因Breeder

歯周病は歯の病気ではなく、歯周組織(歯肉や歯根の周囲の骨)の病気です。その原因はプラーク(歯垢)です。歯垢によって引き起こされる感染性・炎症性疾患です。歯垢とは簡単にいうと、細菌の塊です。プラーク1mg中の細菌数はなんと数10億個。虫歯や歯周病の原因となる細菌がひしめいており、歯ブラシや歯間ブラシを用いてブラッシングをしないと落ちません。

歯周病の原因となるプラークの説明

歯肉縁上プラーク
歯の見えている部分(歯冠という)に付着しているプラーク。ブラッシングなどで比較的簡単に除去できる。セルフケアでコントロール可能。
歯肉縁下プラーク
歯周ポケットの中のプラーク。肉眼で確認できず、除去が難しい。
歯周病菌は酸素を嫌う細菌なので、歯周ポケット内の酸素が少ない状態を好んで棲みつき、バイオフィルムと言われる強固な塊を作って定着します。プロフェッショナルケアが必須。

口腔の健康と全身疾患

口腔の健康と全身疾患

歯周病と全身疾患の関連性を、細菌や細胞など生体分子レベルでの体内の反応を解き明かしながら解説します。

詳しくはこちら

唾液検査について

LIONの唾液検査システム「SMT」の概要について、患者様にわかりやすくご紹介いただける動画です。

<動画タイトル>「SMT患者様向け動画」 / 51秒 / ライオン
<出典元>LionOfficialMovieより

歯周治療の流れFlow

  • 1医療面接(初診)

    患者様の悩みや困っていること、
    またご希望などを詳しく問診いたします。

  • 2 X線写真、口腔内写真、歯周病検査、歯周病診断、カウンセリング

    全体的なX線写真、歯周病検査(歯茎からの出血・歯周ポケットの深さ・歯の動きの検査・膿が出てないかなど)をもとにして歯周病がどの程度進行しているかを診断します。また、唾液を検査することによって歯周病に対する傾向を知ることができます。診断結果から治療方針、大まかな治療期間などを患者様に説明いたします。患者様の同意を得て、治療開始となります。

  • 3歯周基本治療

    プラークコントロールを徹底化していただくための清掃指導、歯肉縁上・縁下の歯石の除去を専用の器具を使用し行います。痛みを伴う場合は局所麻酔を使用します。

  • 4再評価検査

    基本治療の効果がどの程度出ているかを歯周病検査を再度行うことで評価します。良好な結果の方はこの時点でメンテナンスに移行します。そうでない方は再度基本治療をやるか歯周外科治療に移行します。

  • 5必要に応じて歯周外科治療

    基本治療でよい結果が得られなかったところに対して行う小手術です。
    再生治療もこれに当たります。

  • 6再評価検査

    最終的な検査です。歯周病の病状が安定しているかを評価します。
    安定している場合はメインテナンスに移行します。

  • 6メンテナンス

    治癒または病状が安定した歯周組織を長期的に維持するための健康管理です。口腔衛生指導、歯周ポケットの洗浄、プロフェッショナルクリーニングなどを行います。

歯周病組織再生治療についてAbout treatment

1900年代から骨移植を中心として、失われた歯周組織の再生を得ようとする試みが続けられてきましたが、健常な歯周組織を伴う再生を得ることは困難でした。近年、医療分野において失われた組織を再生させようとする試み、いわゆる再生医療が注目を浴びています。歯科の分野では、特に歯周治療の分野において発展し現在臨床応用されています。現在、日本における日常臨床で行われている歯周組織再生治療としては、骨移植術エナメルマトリックスデリバティフ(EMD)などがあります。

歯周組織再生材「リグロス®」

リグロス®は、組み替え型ヒトbFGF(塩基性繊維芽細胞増殖因子)を有効成分とする歯周組織再生医薬品です。科研製薬株式会社から販売されます。リグロスは歯周外科の一つである、歯肉剥離掻爬手術時に歯槽骨の欠損部に塗布する事で歯槽骨の増加が認められるなど、歯周組織の再生に対する有効性・安全性が確認されています。当院は「リグロス」に関する講習会を受講していますので、歯周外科手術に使用することができます。

ご予約・
お問い合わせ

フリーダイヤル

0120-354-508

TEL : 096-354-5087

診療時間
午前:9時〜13時 / 午後:14時〜18時
休診日
日曜・祝日(不定期で休館日あり)

メールでのお問い合わせ

診療について
  • 2018年 12月
    262728293012
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31123456

    日祝日

    臨時休診日

休診日